https://kyukyo.co.jp/

株式会社 九鏡

CONTACTお問い合わせはこちらCONTACTお問い合わせはこちら

Reason厳しい出荷基準

厳しい出荷基準

大手メーカー基準を満たす高い品質管理は九鏡のこだわりです。
浴室や洗面所などの鏡、ガラス加工の委託を受けているTOTO、
LIXILなど、厳しい品質を求められる企業の最高品質基準を満たすものです。
さらに確かな品質を担保するために、
九鏡では独自の厳しい出荷基準を設けています。

Check

最大13項目のチェック

ひとえに、鏡やガラスの加工と言っても、多くの工程があります。
最大で13ある工程で、それぞれの担当者が検査表に
チェックを入れていきます。すべてのチェックをクリアした
鏡やガラスでないと、出荷はしません。
最初の工程である切断では、注文通りの寸法で切れているかを
チェック。切断面を磨く工程では、きちんと磨ききれているかが
検査されます。腐食防止のコーティングをする工程では、必要箇所に
耐食加工の樹脂コーティングがなされているか。品質上は問題なくても、
きれいにコーティングがされていない場合は、検査を通しません。

Inspection

検査担当者が再度のチェック

鏡・ガラスの各加工作業担当者のチェックを受けた商品は、
さらに「検査」の担当者が厳しい目で問題がないか調べます。
表面や裏面に傷がないか、鏡の中に泡が入っていないか、
一般の人ではわからない不良部分も目を皿にしてチェックします。
鏡やガラスの寸法も注文通りか、もう一度測り直します。

Uncompromising

お客様目線で
検査に妥協なし

九鏡の各担当者に出荷ができる鏡・ガラスはどういうものか聞くと、
「自分がお金を出して買いたい鏡やガラスであるか」と
答えます。徹底したお客様目線で検査しており、決して妥協はしません。
こうして何度も、何度も、多くの人の目で検査された商品だけが、
お客様のもとへ届くのです。

お問い合わせ

レアルミラー販売サイト