https://kyukyo.co.jp/

株式会社 九鏡

CONTACTお問い合わせはこちらCONTACTお問い合わせはこちら

鏡の銀サビ(通称シケ)の多発に関して

令和元年10月吉日

お客様各位

株式会社 九鏡

鏡の銀サビ(通称シケ)の多発に関して

拝啓

平素より格別のお引き立てを賜り誠にありがとうございます。
 さて標題の件に関し、昨今全国的に耐蝕鏡以外の壁面鏡において、鏡の銀さび(シケ)が多数発生しております。原因の一つは世界的な気候変動等により、特に台風の影響等で空気中の塩分濃度が上昇し、従来から塩害がある沖縄・島嶼・臨海地区だけでなく、全国的に影響が出ておると伝えられております。

 このような状況下、鏡の耐蝕加工に力を注いで参りました弊社から、改めてご提案をさせていただきます。

 耐蝕鏡指定以外の鏡においても、簡易エッジコート塗布(水廻り不可・常温乾燥タイプ)を鏡の周辺の適正部分に塗布施工されることをお勧め致します。

 耐蝕加工は、エッジコート焼付加工後、裏面全体に紫外線硬化樹脂塗料をフローコーターで塗布し、紫外線ランプを照射して硬化させる通称「DX加工」があります。

 鏡裏面縁にエポキシ樹脂塗料を塗布し、加熱炉(80〜110℃、2時間以上)で処理する「エッジコート焼付加工のみ(通称セミDX)」の二種類があります。

 水廻りで使用される鏡はもちろんのこと、その他の場所で使用される鏡についても、住設トップメーカーのOEMで長年使用実績のある、弊社ならびに住宅設備メーカー指定加工製品等のご使用をご検討いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

敬具